夢の中、天才の閃きで仕事をする!

      2016/09/13

スポンサーリンク

前回の

「加速学習とイメージワークで成功を加速させよう」

の続きです。

 

NLPを学習し、

催眠やトランス状態を学んで応用していくと、

さらにすごい事ができるようになります。

 

1つ目は、

夢の中で仕事する。

寝ている時に、勉強、学習、仕事をする状態です。

 

2つ目は、

天才の閃きのようなものを使うことができる。

夢の中で仕事ができるようになってくると、

できるようになってくるそうです。

 

トレーニング方法>>

枕元にノートを置く

見た夢を、忘れないうちにノートにメモする

催眠導入用の音声を聞いて、催眠状態に入る

眠る前に、目的や目標をはっきり意識しておく

夢の中で問題を解決しておき、起きてから実作業を行う

こんな流れだそうです。

 

問題解決に必要なリソースは、

事前に大量にインプットしておく必要があります。

 

多いほど、夢の中で活用でき、

問題解決のアイデアが創出されていきます。

 

天才の閃きの如く、

先に解決できたという感覚が来て、

後から、問題解決の具体的な方法が見つかる

といった流れです。

 

まとめると

【加速学習を進め、加速学習状態で膨大な情報に触れる(大量に本に目を通す)こと】

【明晰夢を見る訓練、明晰夢に導かれる催眠導入音声でふとんに入っておくこと】

これがやり方のようです。

 

回数を重ねるほど精度が上がります。

 

日常生活で常に目標への焦点化を行っていると、

何か別のことをしている時でも

ふと答えが降ってくるようになるそうです。

 

もし、NLPを学習して

夢の中や天才の閃きで仕事ができるようになったら

想像もできないぐらいすごい事になりそうですよね!

ワクワクしてきませんか?

 

NLPについて知りたいはこちらをご覧ください。
▼ ▼ ▼ ▼ ▼
イイ収入ガイド


       
スポンサーリンク

 - スピード成功の秘訣はNLP ,