NLPのラポールスキルを身につけてスピード成功!

   

スポンサーリンク

前回、

「自分とのラポール」

についてお話ししました。

 

ラポールとは、

通常、人と人との2者間以上の時に使う言葉です。

 

ラポールスキルを高めると、

交渉がうまくいったり、ビジネスの成功に役立ちます。

 

より交渉をうまく成功させるコツとしては、

提案内容をWIN-WINで構成することです。

 

相手の成功と、自分の成功、

両者がWINとなるアイデアを、

相手の幸せとともに考えることで深い信頼が得られ、

交渉が上手に進みやすくなります。

 

NLPでは、他にもラポールに関して

知っておいた方がよいキーワードがあります。

 

1.共通点を見せる、見つける

初対面であっても、出身地が同じ、同じ血液型、

同じ趣味、部活が同じだったなど、自分の経験を

同じものを持っている人は、親近感が湧くものです。

共通点の威力は大きいです。

 

会話の冒頭で

「自分と相手の共通項を見つける」

その話題を少し進めて本題へ入るという流れを

とると、話が進みやすくなります。

 

2.Yesセット

「ハイ」という回答が続くと、人は相手のことを信用して

「ハイ」と回答しやすい心理状態になります。

 

3.ペーシング

声の大きさ、話のスピード、相手の信念や価値観など、

相手のペースに合わせることで、ラポールを築き、

維持することをペーシングと言います。

 

4.ミラーリング

鏡に映るように、相手の動作を真似する方法です。

 

しぐさや心理状態など、相手と良く似たポイントを押さえて

無意識のうちに「自分とよく似ているな~」と思わせて、

一体感を感じさせるテクニックです。

 

5.バックトラック

・相手の言葉をそのまま返す(オウム返しのように返す)

・話が長い場合は要約して返す(話の要約)

・相手の感情を汲み取って返す(相手の感情)

 

など、相手の感覚で自然な感じで繰り返していくと、

自分の事を理解してくれているという親密感を

持ってもらうことできます。

 

6.キャリブレーション

ペーシング、ミラーリングなどを行っていくためには、

相手の言葉だけでなく、姿勢、ジェスチャー、表情など、

あらゆる感覚をとらえていくことが重要です。

 

これらも、ラポール形成に活用することができます。

 

ラポール形成に関してはごく一部ですが、

これらのことを知っておくとよいですね!

 

WEBライティングでもラポールは使えます。

例えばインターネット収入系の文章の書き方。

 

1.読み手を想定する
2.その読み手が目の前にいることを想像し
3.相手とラポールを取りながら会話してみる。(脳内で会話)
4.その会話を文章としてメモ
5.「4」を整形する。

 

想定した読み手が文章を読んだ時、
その人はどんな感情をとり、行動するかを感じます。

 

その読み手が、
あなたの狙い通りの行動をとってくれると感じたらOKです。

 

狙った行動とは、
あなたに対する信頼感であったり、
直接の収入であったりと様々です。

 

是非、
ラポールスキルをWEBライティングにも活用してみましょう。

 

イイ収入ガイド


       
スポンサーリンク

 - スピード成功の秘訣はNLP