お金の稼ぎ方!4つのカテゴリーとおすすめしたい方法

   

スポンサーリンク

 
お金を稼ぐ方法には、
 
4つのカテゴリーがあるのはご存知ですか?
 
 
 
これは、ロバート・キヨサキ氏が定義した、
 
お金に関する4つのクアドランド
 
という概念です。
 
 
 
働き方、お金の稼ぎ方、時間の使い方などから
 
4種類のカテゴリーにグループ分けすることで、
 
世の中のお金の流れを示したものです。
 
 
 
私がアフィリエイトに興味を持った理由の一つに
 
この概念がありますので、
 
今日は4つのカテゴリーについてお話ししたいと思います。
 
 

お金の稼ぎ方から見た4つのカテゴリーとは?

 
ロバート・キヨサキ氏の著書
 
金持ち父さんのキャッシュフロークアドラント
 
に、4つのクアドラントと記載がされています。
  

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

新品価格
¥2,052から
(2016/11/15 22:19時点)


   
 
その4つとは、
 
・E:Employee (従業員)
・S:Self-Employed (自営業者)
・B:Business Owner (ビジネスオーナー)
・I:Investor (投資家)
 
 E|B
 ---
 S|I
 
こんな図で表現されます。
 
 
 

お金の稼ぎ方1。E:Employee (従業員)とは?

 
 
日本語の部分を読んでもらうと
 
そのままなのでピンときますよね!
 
 
 
Eのカテゴリーの人々は、
 
誰かに雇われて、
 
仕事を行った対価報酬として給料をもらう人々です。
 
 
 
今の日本の8割近くがこの形態になっています。
 
 
 
会社の規模、職種、地域、作業内容などによって
 
報酬単価は異なりますが、
 
雇われているという点では共通です。
 
 
 
時給数百円の人もいれば、
 
年収数千万円の人もいますが、
 
雇われている人はこのカテゴリーに属します。
 
 
 
時間を使って報酬を得ているという点で共通だからです。
 
 
 

お金の稼ぎ方2。S:Self-Employed (自営業者)とは?

 
 
こちらも、読んで字のごとく、
 
自営業者です。
 
 
 
私のように個人事業主(やフリーランス)の人から、
 
中小零細企業の社長さん、
 
大企業の経営者たちがこのカテゴリーに含まれます。
 
 
 
従業員との大きな違いは、
 
雇われているのではなく、
 
人を雇って、人と使っているという点で
 
大きな違いがあります。
 
 
 
自分の力は1人力ですが、
 
100人雇えば100人力とすることができる
 
立場の人です。
 
 
 

お金の稼ぎ方3。Business Owner (ビジネスオーナー)とは?

 
 
ビジネスオーナーは、
 
先ほどの自営業者とは何が違うのか?
 
 
 
経営者という点では同じような位置付けにはなりますが、
 
大きく違うのが以下の点です。
 
 
 
自分のビジネスシステムを保有しているかどうか?
 
 
 
ビジネスシステムとは、
 
自分が1から10まで関与しなくても、
 
自動的にビジネスが動く仕組みを構築することで、
 
時間の拘束を受けることなくお金を稼ぐことができるように
 
システム化したビジネスのことです。
 
 
 
いまいちよくわからないですね~!
 
「お金を稼ぐ仕組みを自動化したものを持った人」
 
こんな表現がよいように思います。
 
 
 

お金の稼ぎ方4。I:Investor (投資家)とは?

 
 
最後に投資家。
 
わかりやすい例が株の投資ですね!
 
これはわかりやすい。
 
 
 
会社にお金を投資して、
 
その会社の利益を利回り配当金として受け取る人たち。
 
 
 
それ以外にも、
 
マンションオーナーさんの
 
家賃収入ビジネスなども含まれますね。
 
 
先に、大きなお金の投資を行い、
 
後から利益をキャッシュバックされる方法です。
 
 
 

お金の4つの稼ぎ方からみた特徴

 
 E|B
 ---
 S|I
 
先ほどもこんな絵をかきました。
(シンプルな絵でごめんなさい
 
 
 
一番大きな特徴は、
 
左のESと、右のBIが取り扱っているお金の総量です。
 
ES:BI=2:8
 
と言われています。
 
 
 
人口比率でいうと、
 
ES:BI=8:2
 
 
 
2:8の法則にみごとに当てはまっているようですが、
 
世の中の8割のお金を、 
 
たったの2割の人が所有しているのです。
 
 
 
これはお金好きにはたまりませんね~。
 
 
 
初めて聞いたときは驚きましたが、
 
2:8の法則を知れば知るほど
 
世の中の不思議を感じずにはいられません。
 
 
 
2つ目の特徴は、
 
時間の使い方です。
 
 
 
ESは、
 
自分の時間を使って仕事をして、
 
その報酬としてお金を稼ぐ人たちです。
 
 
 
それに対して、
 
BIは、
 
お金を使ってお金に働いてもらって、
 
お金を稼ぐ人たちです。
 
 
 
時間の使い方が根本的に違うのが
 
わかりますね。
 
 
 
よく「不労所得」なんて言葉がありますが、
 
自分が労働するのではなく、
 
お金に労働してもらうという意味なんですね!
 
  
 

まとめ

 
以上の内容から、
 
今から副業やアフィリエイト等を始めたいのであれば、
 
BIのカテゴリーを目指すことを絶対にオススメしたいです。
 
 
 
副業やアフィリエイトに興味がわいたのであれば、
 
何かしらやりたくなった理由がおありだと思います。
 
 
 
それを最大限に生かすために、
 
・収入の柱を複数持つ
・お金を稼ぐ仕組みを自動化する
・お金をたくさん稼ぐ
 
がポイントだと私は考えています。
 
 
 
たくさんお金を稼ぐことができるようになって、
 
自由な時間もいっぱい作れるようになって、
 
幸せな人生を歩めるように
 
一緒に頑張っていきましょう。
 
 
 
それではまた! 
  
 

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

新品価格
¥2,052から
(2016/11/15 22:19時点)


 
 
 


       
スポンサーリンク

 - アフィリエイト初心者 ,